はじめグローバル株式会社

おとなの足・子供の足

大人の足は?

人間の足は、体重を2本の足でささえています。足への負担は歩行時に約1.5倍、走ると体重の約3倍と言われ、3つの機能を備えています。
 ①衝撃吸収
  着地の衝撃を吸収
 ②路面対応
  どんなところでも適切に立てる
 ③「てこ」の原理
  足裏全体が地面に「ニュートラルポジション」で着地すると、足の関節骨組みがピタッと形成され効率よく体が前進します。

子供の足は?

足が柔らかく土踏まずが無い分疲れやすい状態(偏平足の状態)です。
7~8歳頃まで、骨と骨の間は軟骨でつなぎとめられ、土踏まずは徐々に形成され、15歳頃に完全に形成されます。
「偏平足」の状態は、地面からの衝撃吸収機能が無ため疲れやすいのです。
足を守るフットウエア(靴)選びも大切です。