はじめグローバル株式会社

インソールの使用用途と目的について

インソールという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、今回インソールについて詳しく解説していきます。

インソールとは靴の中敷きの事です。
靴と一緒に縫い付けられたものがインソールと言われておりますが、一般的には取り外しが可能で後から追加や取り外し出来る中敷をインソールとして認識されています。

インソールの起源としては第一次世界大戦(1914~1918年)時、ドイツ軍が足の裏に鉄板を入れていたとされています。
米国では、1940年代から陸軍で試験的採用され、70年以上の歴史があります。現在では、医療・スポーツ・小児・美容・企業の労災防止など普及している。

インソールの使用用途としては大きく分けると3つ使用されています。

·足の汗を吸収し 「防臭」機能が目的のタイプ
·足裏の負荷を分散することで「疲労軽減」機能が目的のタイプ
·体のバランスを整えたり歪みを改善する「足のトラブル予防」の機能を目的のタイプ

上記3点がインソールの主な使用目的になります。
それぞれ解説していきます。

●防臭機能が目的のタイプ
人間の体は約 60%が水分で出来ていると言われています。
両足の裏や爪先を合わせると1日で約200ミリリットル(コップ1配分程度)の汗をかいていると言われております。

足裏は靴の構造上空気が入れ替わりにくいので、湿度が高くなり細菌が好む環境となります。そのため臭いの発生に繋がりやすいのです。
予防するためには、靴の中の湿度を抑える除湿剤や臭いを取るための消臭剤の活用、 取り外しが出来るインソールの活用を行い湿度を抑える方法が有ります。

●疲労軽減機能が目的のタイプ
足裏は立つ時や歩く時に 体全体の体重を支えています。
体全体の重さを支えているので大きな負荷がかかっています。
インソールを使用する事で荷重を分散させ疲労の軽減に繋げる効果があります。
最近では立ち仕事の方も疲労を軽減するために使用されるケースが増えてます。

●トラブル予防が目的のタイプ
現代人の多くは運動不足から足の筋肉を使うことが少なくなっています。
そのため、足裏に刺激が少なくなることから偏平足や外反母趾にお悩みの方も少なくありません。
インソールを使用することにより、本来の足裏が持つ機能をサポートし体のバランスを整え歪みを改善する効果を持ちます。

インソールの使用用途としては大きく分けて上記3点があります。
インソールには市販のものもありますが既製品のため足に合わないケースや足裏のお悩みに対して効果を発揮しにくいケースも有ります。
当社ではお客様の歩行データを基にニュートラルポジションへ補正するお客様専用のオーダーメイドインソールの製作も行っております。

お悩みを感じている方はお気軽にお問い合わせ下さい。